中古買取マップ > リサイクルに関する記事・ブログ

 折原

東京古着田無アスタ店に行って来ました

東京古着田無アスタ店に行って来ました
状態のいい服をお手頃価格で

“慣れ”って時として盲点になりえますよね。
いつも使っているものだったり、よく行く場所だったり……。「いつも使っているものがよく読んでみると〇〇だった」「よくあの場所が実は××になってた」などなど。
最近、ちょうどこんな経験がありました。わりとちょこちょこ覗いているショッピングセンターがあるのですが、見るのは大抵決まったお店数店。しかしなんとなく普段なら見ないその“裏”をちょっと覗いてみたら、全く知らないお店が入っていた……というものです。

お店の名前は「東京古着」といいます。

東京古着とは?

東京古着はその名の通り東京にお店を持つ古着屋さんです。中々そのままなお名前ですね。
特徴としては東京23区から買い付けた状態のいい古着を取り扱っているという点。

この東京古着が、東京・西武新宿線田無駅近くのアスタに入っていました。

入店

さっそく覗いてみました。いつからあったのでしょうか……ちょこちょこ訪れてはいるのですが、まったく気がつきませんでした。慣れって楽ですが盲点にもなるのだと痛感します。
お店は田無アスタ3階、エスカレーターを上がって左手後方にあります。ちょうどマザウェイズの向かいですね。

なんとなくわかるかもしれませんが、お店全体がかなり簡易的なんですよね。大掛かりなディスプレイはないし、大型の台もなし。あるのはキャスター付きのラックと同じくキャスター付きの台で、ここに洋服が並んでいるかたちです。なぜかと思って調べてみたら、このお店9月30日まで限定で催事されているらしいのです。なるほど、アスタに腰を据えたわけではなく催事的にオープンしているだけなのね。納得です。

まだまだ時間はありますが、気になる方は急いだほうがいいかも……。

基本的にはジャンルごと
商品は主にワンピース、アウター……といったようにジャンルごとにわかれています。500円コーナーなどもあるので、そういったものは料金ごとにまとまっていました。

料金形態が独特

東京古着田無アスタ店に行って来ました

タグの色によって金額が決まるという、独特な感じの料金形態をとっています。
ものによって細かく設定されているわけではないのでわかりやすいかもしれません。

店員さんが元気
店員さんが結構声を上げていて、元気な印象を受けます。

商品状態が比較的良好
よく古着屋さんだと「これ売るのギリギリだなぁ……」みたいな商品に出くわすことがありますが、あまりそういったものは目につきませんでした。比較的どれも綺麗で状態がいいです。
ただものによっては目立つ位置にシミがあったり(おそらく見落としではなくもう落ちないもの?)するので、購入前にチェックは必須です。

試着室もあり
ラックも商品台もキャスターがついておりお店全体が簡易的な感じですが、一応試着室もあります。こちらもドシッと構えた試着室というよりかは、どっからか持ってきて置いたようなやはり簡易的なものですが。実際に着て試せるというのは嬉しいですね。

まとめ

状態の良好な古着がお得な変えるお店だと思います。

難点があるとすれば500円コーナー外にある、ぱっと見綺麗な商品にシミがあったりもするので、そのあたりでしょうか。
店員さんも「購入前に状態の確認を~」と仰っていました。

2017年9月までの限定オープンなので、気になる方はぜひそれまでに訪れてみてくださいね。


東京古着のホームページはこちら

地域や最寄り駅、店舗名などのキーワードでリサイクルショップを検索

北海道・東北
関東地方
東海地方
近畿地方
九州・沖縄

リサイクルに関する記事・ブログ

リサイクルに関する記事や、店舗を実際に利用した体験談、お店の特長、買取査定やお宝発見など、リサイクルショップについての投稿を募集しております。
会員登録等は一切不要で、どなたでもご自由に投稿ができます。
投稿はこちら